ヤクルトレディの新規開拓について

新規開拓ってどんなことをするの?

自社商品を家庭や企業に届けるヤクルトレディの仕事。ノルマはありませんが、毎月一定の収入を得るためには、新規開拓も行わなくてはなりません。新規開拓では、サンプルの配布や、キャンペーンの告知などを行います。難しいセールストークは必要ありません。お客さまの顔や名前、お届けする商品を覚え、コミュニケーションを取って、信頼関係を築くことが大切です。
「営業なんてやったことない!」という方でも、事前にしっかりと研修を行ってくれる上、最初は上司が同行してくれるので安心です。

元レディさん & 街行くレディ
さんに

聞いてみた!

新規開拓しないとどうなるの?

入社後に配属されるエリアでは、前任者からお客様引き継ぐため、ゼロからのスタートではありません。また、上司もしっかりサポートしてくれるので、比較的早めに売上を確保することができます。とはいえ、3か月、半年、1年と経つうちに、「味に飽きた」「他社の商品を飲み始めた」「引っ越した」「入院」などさまざまな理由でお客様は減ってきます。お客様の件数が減ると収入が減ってしまうので、維持するためには、常に新規開拓が必要なのです。

ヤクルトレディの新規開拓のコツ

街行く現役・ヤクルトレディさんに聞いてみたところ…

「住宅街と同様に、オフィスビルに入っているテナントさんを訪問し、サンプルを配ります。訪問した会社で、グループ会社を紹介してもらえることもあります。」

街行くレディさん(40代/YL歴1年以上)

さらに現役レディさんを直撃すると・・・

「新規のご訪問でお伺いしたお客様に『ヤクルトはいらないから』とお断りを受けましたが、その後も折を見てはお話に伺っていると『あなたに会いたいから来て』とおっしゃって頂けて、通っていたら『商品もいただこうかしら』と購入につながりました」

街行くレディさん (40代/YL歴3年4ヶ月)

新規開拓で大切なことは、地道に頑張ることです。始めのうちにしっかりと方法を学び、実践し、コツコツ営業を続ければ、いずれ結果につながるでしょう。
とはいえ、結果が出ない中でコツコツ頑張り続けるのは辛いもの。そんな時は、同僚と一緒に地区訪問をしてみるというのも一つの手段です。中には、自己紹介のチラシを自作して地区で顔を売ったり、お店には置いていない製品を積極的に勧めてスーパーなどとの差別化を図ったり、休飲宅に定期的に訪問している人もいるようです。

元レディさん & 街行くレディ
さんに

聞いてみた!

ヤクルトレディの新規開拓の真相

相手の立場に立って伝えることが大切

「買ってほしい気持ちを伝えるだけだと、せっかく買ってもらっても相手に良さが伝わらないまま飽きられてしまったり、押し売りと思われてしまいます。お客さまの立場になり、どうしたら相手のメリットになるか、健康に貢献できるか、という事を考え、伝えていく事が大切だと感じました。」

参照元:東京ヤクルト販売株式会社(https://www.tokyo-yakult.co.jp/recruit/voice_01.html)
周りのサポートで乗り切れた

なかなか売上が上がらなくて悩んだこともありましたが、マネージャーからのアドバイスで改善することができました。お客さまやセンター(活動拠点)の仲間など、周りのサポートがあるので、今は働いていて大変だと思うことはないですね。

参照元:東京ヤクルト販売株式会社(https://www.yakult-lady.jp/voice/voice4.html)
商品の魅力が伝わると嬉しい

新しい商品が出たときや、新しいお客さまのところに行くときに、商品の魅力を伝えるにはどうすればいいか、訪問前に考えたり、センター(活動拠点)で先輩にアドバイスをもらったりして工夫しています。商品の魅力が上手く伝わったときはとても嬉しいですし、やりがいを感じます。

参照元:東京ヤクルト販売株式会社(https://www.yakult-lady.jp/voice/voice5.html)
MAMA VOICE
編集チーム
現役・ヤクルトレディさんたちの
SNSコミュニティをのぞくと…

SNSでは、リアルな声が満載!インターホン越しに断られないように手短に用件を伝えたり、空き時間にとにかく数多く訪問してみるなど、それぞれのやり方を工夫しているようです。
共通しているのは、「断られてナンボ」のメンタルの強さ!興味を持ってくれる人・購入してくれる人に出会えることを楽しみに、みなさん前向きに頑張っているようです。

編集チームまとめ

ヤクルトレディの仕事は完全歩合制のため、毎月一定の収入を得るためには、新規開拓が必須です。「営業はイヤ」「知らない家に行くのは不安」という人もいるかもしれませんが、サンプルの配布や、キャンペーンの告知などを行うだけなので、高度なセールストークや営業術は必要なし。各販売センターでも、事前にしっかりと研修を行うなどサポート体制が整っているので安心です。
気になる方は、まずは自分の目で確かめるのが一番!職場見学ができる販売店が多いようなので、近くの販売店で相談してみてください。

関連ページ

イメージ
子育ても仕事も!よくばりママにピッタリ 特集:ヤクルトレディのお仕事

働くママやこれから外にでて働きたいママの皆さんを応援するメディア・MAMA VOICEが、今回調べてきたのが「ヤクルトレディ」のお仕事。現役・元レディさんたちの街角アンケートを元に、どんなおしごとなのかをまとめました。