コスパ抜群!ヤクルトレディが利用できる保育園「ヤクルト保育園」

ヤクルト保育園料&補助金は?

ヤクルト保育所の保育料金は、毎月6,600円〜8,800円程。一般的な保育所が月々33,000円~49,500円程度かかるのに比べると、非常にリーズナブルで、お給料をしっかり手元に残すことが可能です。
エリアに保育所がない場合も、補助金が出るので安心。2人目のお子さんからは半額、もしくは割引価格で利用できるところもあります。ただし、保育料は保育所によって多少変動があるので、良く確認してみてください。

(※)参照:2021年7月時点、編集チーム調査&みずほ銀行「保育園の費用はいくらかかる?無償化の影響は?」(https://www.mizuhobank.co.jp/retail/learn/academy/lifestage/marriage/20210331.html

ヤクルト保育園の先生たち

20~50代と幅広い年齢層の保育者が勤務しており、ヤクルト独自の「保育園運営マニュアル」をもとにした少人数保育を行っています。
また、延べ600名の保育者が小児MFAライセンスを取得。身近なケガ・病気からCPR(心肺蘇生法)やAED(自動体外式除細動器)まで、多様な対応方法を身につけてくれているので安心です。

ヤクルト保育園の入園確率

保育園の数が増え、待機児童が減ってきているとはいえ、まだまだ「働きたいけど、子どもの預け先がない」というママは少なくありません。ヤクルト保育園は全国に1,200施設※あり、ヤクルトレディなら抽選なしでお子さんを預けることが可能です。
保育園見学は随時開催しているので、「まずは様子を見てみたい」という方はぜひ利用してみて下さい。

※2021年6月時点、公式サイトより(https://yakult-hoiku.jp/hoiku.html)、ただし入園率は各販売店によるようなので、直接お近くの販売店にお問い合わせください。

ヤクルト保育園は何歳から入れるか

ヤクルト保育園は、満1歳の誕生日から、小学校入学前日までの利用が可能です。独自プログラムによる異年齢保育を行っており、違う年齢のお子さんが一緒に過ごすことで育まれる、年上への憧れや年下への思いやりの心を育んでくれます。

ヤクルト保育園の注目ポイント

企業内保育所として、ママが働いている販売センターの近くに立地しているため、お子さんの急な体調不良にもすぐに駆けつけることができます。センターに併設している保育所も珍しくないので、お子さんもママも安心。ヤクルト保育所自体が「互いに困っているから、助け合いましょう」という母親同士の交流から始まったこともあり、ママの仕事への理解が深い点も魅力です。

元レディさん & 街行くレディ
さんに
聞いてみた!

ヤクルト保育園の実情

元・ヤクルトレディさんは・・・

「抽選もなしで1歳から預けられるのは、とても魅力的だと思いました。料金もリーズナブルで安心です。しっかりしたサポート体制で、安心して子どもを任せられます。」

レディ面接を受けた女性(当時20代)

元・ヤクルトレディさんは…

「子供はまだ0歳児だったので、わかりませんが、ほどほどに良かったと思います。おやつは、やっぱりヤクルト^ ^」

元・ヤクルトレディさん(当時20代)

街行く現役・ヤクルトレディさんに聞いてみたところ…

「子ども3人をヤクルトの保育園で預かってもらって働きました。とても安心して仕事ができました。今では3人ともみんな社会人です。」

街行くレディさん(50代/YL歴23年2ヶ月)

さらに現役レディさんを直撃すると・・・

「子どもが肺炎になりかけた時、昼も吸入する必要があったのですが、託児所が隣接されているのですぐに行って吸入することができました。体調が悪い時には様子を見て関わってくれる。保育園では難しいと思うので大変ありがたいです。」

街行くレディさん(20代/YL歴8ヶ月)

以前お子さんを預けていたレディさんは・・・

「1歳の子供を預けてお仕事しましたが、子供たちは託児所が大好き♡幼稚園に入った今も、『遊びに行きたい』と言っています。子育てとお仕事を両立できる、そんな職場です。」

元・レディさん(20代/YL歴2年)

編集チーム
現役・ヤクルトレディさんたちの
SNSコミュニティをのぞくと…

ヤクルトレディなら誰でも利用できるヤクルト保育園。企業内保育所の先駆けとして歴史もあるため、「自身が子どもの頃利用していた」というレディも少なくありません。
少人数制でアットホームな雰囲気、職場のすぐ近くで送り迎えが楽、また、おやつにヤクルト製品を利用し健康にも配慮してくれるなど、保育料だけでない、ママにとっても安心できる魅力がいっぱいあるようです。

編集チームまとめ

ヤクルトレディの仕事の魅力の一つである、ヤクルト保育園。リーズナブルな料金で抽選なしで利用できる上、職場に隣接しているので送り迎えに時間を取られることがありません。気になる方は、保育園の見学はもちろん、レディさんの仕事を体験できる「一日体験」などを行っている販売店があるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
ヤクルト保育園は販売店の運営になり、地域ごとに条件が多少異なります。仕事が終わってすぐ迎えに行ける、お近くのヤクルト保育園は公式HPをチェックしてください。

関連ページ

イメージ
子育ても仕事も!よくばりママにピッタリ 特集:ヤクルトレディのお仕事

働くママやこれから外にでて働きたいママの皆さんを応援するメディア・MAMA VOICEが、今回調べてきたのが「ヤクルトレディ」のお仕事。現役・元レディさんたちの街角アンケートを元に、どんなおしごとなのかをまとめました。